高い?安い?その判断基準を作るもの

無料で動画の制作料金目安をご請求頂けます

菅野政昭です。

 

昨日のメルマガを受け取った、ある方から
こんな質問が届きました(内容は少し変更してあります)

  1. プロダクトローンチをこれからやってみたい友人がいる
  2. 収録は1日を希望
  3. 短い動画を3本程度、撮影して編集したい
  4. 交通宿泊費は依頼主が負担

ちょうど、料金表の目安を作ってありました。
頂いた内容に合わせて、ざっくりした金額をお知らせしてみました。

これまで頂いてきたご依頼内容も、さまざまなパターンがあるため

  • 撮影編集のみ
  • 撮影編集+サポート
  • フルサポート

この3パターンでご用意致しました。

 

こちらのページから資料請求をして頂けます。

無料で制作金額の目安を受け取る(別画面が開きます)

 


高い?安い?その判断基準を作るもの

ここからは、みなさんが商品やサービスの金額を聞かれた際に
是非とも心掛けておいて頂きたい点を3つ、お話しします。
(個人起業家の場合)

 

  1. 単純に見た目の価格だけで判断されないようにする
  2. なぜその価格なのか、の理由を明確にする
  3. 依頼される内容が「消費」なのか「投資」なのか?をお伝えする

この3つです。

 

私たちのような個人起業家は
飲食店に例えると

「高級小料理屋」である必要
があります。

決してファーストフード店であってはいけないのです。

 

一人で、あるいは少人数のチームを組んで働いている中で
価値を提供できる時間は限られます。
どんなに大量行動をしたとしても、使えるのは最大でも
24時間です。

 

そんな中、例えば1時間のセミナーを1000円で
8時間ぶっ続けで行なったとして、
あなたに入ってくる金額はいくらでしょうか?

 

ついつい

  • ここで仕事を受けておかないと、次に繋がらないな
  • 他社に合わせて同じような金額でやっておかないと

そんな風にして、見た目の価格だけで選ばれるような
ことを自ら選んではいませんか?

もしあなたがそうだとしたら
今すぐ、いますぐ方針を変えるべきです。
ではどうすれば?

 

ヒントは「高級小料理屋」の立ち位置を築くこと。

そして、高い価値を提供することで満足してもらい
リピーターになってもらうこと。

さらに言うと、次に来てもらうときは
誰かを連れて来てもらう流れを作っていくことです。

 

 


あなたは、価値を正しく伝えていますか?

その料理(サービスや商品)は、どんな素材を使っていますか?

 

どういう人が育て、
どれだけ手間が掛かり
どんな想いで
その料理を出しているのでしょうか?

 

ひとつ一つに物語(ストーリー)があり、
あなただけの譲れない「こだわり」があり、
お客さんを助けたい、笑顔になって欲しいという想いがあって
お仕事をされているのでは、ありませんか?

 

料理が美味しければ(商品が良ければ)
お客さんは分かってくれるはずだ!中身で勝負。

 

この考え方を変えない限り
あなたの事業が継続的に発展し
お客様から選ばれ続けることはありません。

 

高級小料理屋とファーストフード店の違い、
自分のお仕事に当てはめて考えてみませんか?

 

 


 

ひとりで頑張っているコーチ・コンサル・セラピスト・教室運営の方へ

あなたの経験や知識を、オンラインスクールで提供して、収入を継続的に得る方法を作りませんか?
 
いつも忙しいばかりで「時間の切り売り」型の働き方から解放され、本当にやりたいことに取り組み、社会に貢献していきましょう。
 
オンラインスクール化のメリット、事例、構築のヒントをお話ししています。無料相談も受付中です。