【引き出しを片っ端から開ける】←私の仕事はこれ

昨日、気持ちの良い天気だったので
秋葉原駅から歩いて5分ほどの静かな場所で

 

個別コンサル、とも、打ち合わせとも言えるようなことを
約4時間、ずっとお話しをしていました。

 

皆さんには、いろんな役割で関わらせて頂いています。

  • コンサルタント
  • サポート役
  • 動画を作る人
  • 写真を撮る人
  • ホームページを作る人
  • システム系全般に詳しい人
  • 数値管理に強い人

 

昨日お話しをしていて感じたことは、
どんな役割か、なんてことはどうでも良くて

 

結局は

  1. その人の引き出しを片っ端から開ける、開けまくる
  2. どうやって組み合わせると(コーディネート)
    どんなものができるのか、を考える
  3. いま使わないものは、またしまっておく
  4. 出してきたものを磨いて、魔法をかける
  5. 喜んでくれる人が多いのかどうか、をみて
    「じゃ〜どうする?」の案を出す
  6. もっと良くなるように、やってみる

 

ずっとこの繰り返しだし、
引き出しを開けてる時が一番楽しい。

 

そして、ここに価値を感じてくれる方と
一緒に何かを作り出していきたい。

 

 

 

一発で正解が出せるなら、その方が良い。
でも、次にやっても同じ正解が出せるの?
誰がやっても、同じ答えになるの?

そんなこと、やってみないと分からない。

 

 

 

最後に言われた

「菅野さんってよく、実験するって言いますよね」

 

ハイ、実験が大好きです。
教えるだけより、一緒に頭を悩ませるのが楽しいんです。

 

 

いまお伝えしている、オンラインスクールの構築も
正解があるわけじゃない。できること、組み合わせは無限にある。

  • どこまでやれば、生徒さんが満足して、さらに成長していけるのか
  • 運営している人が本当に気持ちよく続けていくには
    どんなところがポイントなのか

 

 

これから、いろんな方と関わりますが
基本的にこういうスタンスです、というのを
お伝えする良いチャンスかなと思って書いてみました。

 

 

 

追伸:

普段自撮りをしないので、こんなドヤ顔に(笑)

ひとりで頑張っているコーチ・コンサル・セラピスト・教室運営の方へ

あなたの経験や知識を、オンラインスクールで提供して、収入を継続的に得る方法を作りませんか?
 
いつも忙しいばかりで「時間の切り売り」型の働き方から解放され、本当にやりたいことに取り組み、社会に貢献していきましょう。
 
オンラインスクール化のメリット、事例、構築のヒントをお話ししています。無料相談も受付中です。