【ご質問】カリキュラムの作り方が分からない【オンラインスクール構築術】

こんにちは!
菅野政昭(すがのまさあき)です。

 

本日は、

『カリキュラムの作り方が分からない
 というご質問を頂いたので、回答を動画に
 してみました( 8分 52秒・字幕付き)

【オンラインスクール構築術】無料申し込みは、こちらをクリック
sugano-masaaki.com/spb/

  

オンラインスクールに興味はあるんだけど
何を、どうやって作っていけば良いのか?
それが分からない、と聞かれることがあります。

 

たくさんコンテンツを持っている方、
伝えられることがある方が陥りがちなので、
ヒントをお伝えしていきます。

 

そのヒントの前にお伝えしたいことがあります。
それは

  自分一人だけで考えない!

  

モヤモヤしてるなら、誰でも良いので
相談してみましょう。

 

誰でも良い、と思わず書いてしまいましたが
相談するのは、あなたのやっていることを
ある程度理解している人にしてくださいね。

  

結果を出すのが早いのは、行動していく人ですね。

 

そして、分からないことを分からない、と
聞ける環境を持っている人が、
成長して成功していくのが早いな、と
みていて感じています。

 

あなたが講座を持っている、または
コンテンツを持っているなら
こういう風に考えてみてください。

→何も分からない生徒さんが、
 自分一人でも学習できるようにするには
 どういうステップを踏んでいけば良いのか?

そうすると、
使う言葉が、より簡単なものになってくるはずです。
本当に必要なこと、伝えるべきことだけが
残ってくるはずです。

 

あなたは、たくさんのことを知っているので、
伝えたいこともたくさん
あると思います。

  

でも「初心者の人にこんなことを教えても
まだレベルが早いな」と気がつけば、
伝えることが、例えば「10」あったとしたら
そのうちの「1〜2」でも、初心者の人に
とっては、かなり十分な情報になっています。

  

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━

簡単な例でお話しします。

 

例えば、海外旅行へ行った時に
英語で話せるようになりたい、
という人のための講座だったら、
あなたも想像しやすいんじゃないかと思います。

  

海外旅行で行った時に、ということなので
ビジネスで使うことは想定されていないですよね。

 

そうすると、日本から海外に行って、
また戻ってくるまでの間で、
人と会話をする場面を想像してみてください。

  

大きく分けて、英語を使うのは5つの場面になります。

 

<海外旅行で英語を使う5つの場面>

カリキュラムを作る時には、このように
簡単なものにして考えていると、
アイディアが浮かびやすいです。


・空港で使う英語
  ・入国審査の時
  ・預けた荷物が戻ってこない時

・ホテルで使う英語
  ・チェックインの時
  ・荷物を預かって欲しい時
  ・近くで美味しいオススメの
   レストランを教えて欲しい時

・交通手段を使って移動する時に使う英語
  ・タクシーに乗った時
  ・タクシーに乗ったけれど、忘れ物をしたので
   元の場所に戻って欲しい時

・レストランで使う英語
  ・オーダーの仕方
  ・オススメの料理を聞きたいとき
  ・会計の仕方

・買い物の時に使う英語
  ・何かを探している時
  ・支払うとき

  

こんな風に、
悩んでいる状態→望んでいる未来へ
という形ばかりではなく
そのスキルを使う場面ごとで分けてみる。

 

これを参考にして、講座のカリキュラムをどうするか
ご自身の内容に落とし込んでみてください

 

 

あなたが教えていることを
オンラインでたくさんの人に学んで欲しい。

 

でも「どうやって?」が分からない時は
この2つのポイントをチェックしてください。

1)伝える項目を
大見出し、中見出し、小見出し、と分けていく

2)初心者でも分かるような言葉で説明する

 

  

いかがでしたでしょうか?

今日は
『海外旅行へ行く時に英語が話せる
ようになりたい!
そんな方に向けての
講座カリキュラム』

を作る例をお話ししました。

 

 

 

是非、あなたも、
持っている講座、実際にセミナー会場を借りたり、
会議室で開催している講座を、
オンラインに
置き換えるとしたら?

  

ちょっと考えてみてください。
いつもとは違った内容になってきます。
試してみてくださいね。

 

ひとりで頑張っているコーチ・コンサル・セラピスト・教室運営の方へ

あなたの経験や知識を、オンラインスクールで提供して、収入を継続的に得る方法を作りませんか?
 
いつも忙しいばかりで「時間の切り売り」型の働き方から解放され、本当にやりたいことに取り組み、社会に貢献していきましょう。
 
オンラインスクール化のメリット、事例、構築のヒントをお話ししています。無料相談も受付中です。