「何を伝えれば分からない」を解決する、ある一つの考え方

最近、あるお客様のために Podcast 配信を
お手伝いしています。そこで見えてきた
「何を話せば良いのか分からない」問題。

これはみなさんにも伝えるべき内容だな、と感じました。
今日からは、このことについてお話しします。

こんにちは!
菅野政昭(すがのまさあき)です。

Podcast、みなさんは聴いていますか?

実は私、かなり前に番組をいくつか登録したまま
全然聴いていませんでした。もったいない・・・

この「何を話せば良いのか分からない」問題。
動画を作る時にも、よく出てきます。

伝えたいことがありすぎて、あっちに行ったり
こっちに行ったりして、見ている人の頭が
混乱してしまう。そんなふうになりがちです。

コンテンツを出していく時に、組み立てやすい
一つの考え方があります。

なんだと思いますか?





聞いてしまえば、簡単なことなのですが
『木が育っていくイメージを持ちましょう』です。

何か伝えたい、と思い立った時、それは大抵
「枝葉」だったりします。よく考えてから
メルマガやブログに書こうとする時になって

もっと大事なこと、根っこや幹、太い枝、
水や太陽の話を思い起こしませんか?

そして、どこから伝えれば良いのか
分からなくなってしまう(過去の私)

お客様から Podcast を始めたい!と聞き、
初期設定したり、アートワーク(表紙)を
作っていく中で、こんな質問をしてみました。

・誰に対して
・どんな内容を
・どのくらいの頻度で届け
・最終的にどうして欲しいのか?

そして、
・番組のタイトルは?
・番組の概要は?
・番組の構成はどうする?
・一人で話す?対談形式?
・ネタはどうする?

いろいろ出てきます。

中でも、継続していく上で一番課題になるのが
「ネタはどうする?」ここです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『木が育っていくイメージを持って』

話が長くなりそうなので、また次回にしますね。

ひとりで頑張っているコーチ・コンサル・セラピスト・教室運営の方へ

あなたの経験や知識を、オンラインスクールで提供して、収入を継続的に得る方法を作りませんか?
 
いつも忙しいばかりで「時間の切り売り」型の働き方から解放され、本当にやりたいことに取り組み、社会に貢献していきましょう。
 
オンラインスクール化のメリット、事例、構築のヒントをお話ししています。無料相談も受付中です。