プロになりすぎるな(コンテンツホルダーのジレンマ)

【プロになりすぎるな(コンテンツホルダーのジレンマ)】
 
#ライブ配信30日チャレンジ (29日目)
 
こんにちは!
 
ひとり起業家の自動化を応援している
オンラインスクール仕組み化
プロデューサー 菅野政昭です。
 
いつもライブ配信を見ていただいていて
ありがとうございます。
 
 
今日は、
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
【プロになりすぎるな
(コンテンツホルダーのジレンマ)】
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
についてお話しします。
 
 
 
私もそうですが、いつもいつも
自分の専門分野について考えていると
 
初心者の方や、これからあなたの商品や
サービスを利用したい方の目線を
忘れてしまいがちです。
 
 
 
あなたには「当たり前すぎること」が
他の人にとっては「目から鱗の情報」だったり
大きく変わるきっかけになったりします。
 
 
そこをいかに意識していられるか、
初心者の人にも分かる言葉で
専門用語を使わず、ゆっくり説明できるか
 
 
 
こんなことは知ってて当然、ではなく
こんなことも知らないのか、でもなく。
 
 
 
よく言われるのは
小学5年生でも分かるように説明してみること。
 
 
 
もしあなたが、話していることが
通じてないな、と感じることがあったら
 
専門家になりすぎている、のが原因の一つ
かもしれません。
 
 
 
初心者の目線になるのが難しければ
 
・初心者の人に聞いてもらう
・初心者を教えている人に見てもらう
 
もしくは
 
・自分が知らない分野の話しを聞いて
 初心者目線を取り戻してみる
 
 
 
方法はいくらでもありますが
専門家であるからこそ言える、出せる話を
いかに初心者の人にも価値が伝わるように
伝えられるか。
 
 
 
これを意識するだけで、新しい変化を
体感できるかもしれません。
 
 
 
 
今日は
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
【プロになりすぎるな
(コンテンツホルダーのジレンマ)】
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
についてお話ししました。
 
 
 
 
ではまた!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ひとり起業家のための継続課金モデル
(会員制オンラインスクール・講座)の
構築&仕組み作りを応援しています 
 
オンラインスクール仕組み化プロデューサー
ブランディング動画プロデューサー
コンパス 代表 菅野政昭(すがのまさあき)

ひとりで頑張っているコーチ・コンサル・セラピスト・教室運営の方へ

あなたの経験や知識を、オンラインスクールで提供して、収入を継続的に得る方法を作りませんか?
 
いつも忙しいばかりで「時間の切り売り」型の働き方から解放され、本当にやりたいことに取り組み、社会に貢献していきましょう。
 
オンラインスクール化のメリット、事例、構築のヒントをお話ししています。無料相談も受付中です。